【オーダーサンプル】すべて個性が異なる、野性味溢れるラム革

2018年04月26日 11:48
Pocket

この革、実は20年以上革屋さんで寝かされていたものになります。

と言っても、きちんと革屋さんの管理のもと保管されていました。

 

 

 

タンナーさんが動物の「皮」から「革」にする為に、植物タンニンをつかい鞣す工程があります。

「皮」は生ものなので、鞣すことによって腐らなくする為です。

 

 

 

 

現在では、鞣しの技術が進んだことと、コストを抑えて生産する為に、化学薬品をつかった鞣し(クロム鞣し)が主流となりつつあります。

 

 

 

 

化学薬品によって鞣された革の顔は綺麗ですが、植物タンニンによって鞣された革が、いわゆる「味」のある革と表現されることが多いです。

 

 

 

 

革に含まれた、タンニンと染料と脂分が長年の時を経て「個性」として、この革の顔となりました。

 

 

 

ひとクセある革が立体的な服となり、人が着た時に初めて「個性」が生かされる気がします。

 

料金等は、こちらからお問い合わせください。

カットサンプルもお送りします。

 

 

Pocket

革職人アルティジャーノ

コメントは受け付けていません。


↑トップに戻る