【お知らせ☆★】リメイク&修理のサイトが新たにできました!

2018年06月05日 10:45
Pocket

歴史を刻んだレザーを、再生させる『リメイク』『修理』

 

直したり形を変えたりしてずっと着続けたい、レザーを愛する人にとってなくてはならない存在でありたいという思いで、アルティジャーノのブランドとして『REMAKE by artigiano』を立ち上げました。

 

https://kawaremake.com/

 

  • せっかく直すなら、今までとは違った裏地やファスナーに変えたい。
  • 昔買ったコートをライダースにリメイクしたい。
  • ジッパーが壊れてしまい、ライダースに合うジッパーで交換したい。
  • フリマアプリで購入したブランド物レザーをサイズダウンしたい。

など、お客様によって様々ですが、EC化したことによって分かりやすく手軽にご利用いただけるようになりました。

 

もちろんまだ商品にないリメイク、修理もお問い合わせください。
ヴィンテージになると、革や縫製部分が劣化し、扱いに細心の注意が必要になってきます。内容によっては時間も手間もかかりますが、そこを惜しまずに、延命の為の最善策を選びます。古くなったステッチの糸をすべて解き、パーツ毎に解体し、溜まった埃を取り除き、再度縫い直しなども行います。

 

裏地、ジッパー交換でカスタマイズ

 

裏地やジッパーも、カスタム感覚で選んでいただけるのがポイントです。

裏地は、その都度東京の生地問屋さんへ足を運び、素材感や強度、色落ち具合など確かめて仕入れを行なっています。遊びの効いた物を中心として扱っています。今のオススメはチャイナブロケードとインドシルクです。ご希望の方へカットサンプルを送ることもできます。

ジッパーはYKKのオールドアメリカンシリーズが中心となっております。ヴィンテージのアメジャンと呼ばれている革ジャンのジッパーを再現しています、昔のジッパーは年代によって色々な違いがあってそこで判別したりするのが一つのロマンなのですが、いつかは寿命がくるので、無理せずに交換をしましょう。帯、エレメントの色、ジッパーエンドの止めの形状なども選べるように、これからもっと増やしていきます。

裏地、ジッパーともに消耗品になりますので、長年着ていれば必ず交換が必要になってきます。この際に、とことん拘ったカスタムを楽しんでいただけたら幸いです。

 

そんな、自社で自信とプライドをもって行なっているサービスを、日本全国のレザー愛好家の方に知ってもらいたい。
見やすく分かりやすく、選びやすい。アルティジャーノにしかできない『リメイク』と『修理』にとことん特化したブランドに育てていきたいです。

 

野村将太

Pocket

革職人アルティジャーノ

コメントは受け付けていません。


↑トップに戻る