梅雨と革製品

2011年06月28日 20:00
Pocket

ちょっと、ありきたりのタイトルですが、革やなので、お許しください。
私の住まいは、一階が、仕事場で、2階が住まいになってます。20年も前ですが、20
名位の従業員がいて、二つのグループに分かれて、革のコートなどを製作していました。
主人の父親の代ですが、今は、革製品の縫製工場は、日本では、ほとんどなくなったのでは
ないでしょうか。
現在は、広いスペースの片隅で、縫製工場時代に、グループのリーダーだった方と、
主人のふたりで、製作してます。この頃は、今とは、だいぶ、縫製方法が違います。
量産工場でしたので、一日に、何十着も作るのです。そんな、時代も、あったのですね。
今は、同じ革製品の縫製ですが、パターン、裁断、縫製と、一着づつ、丁寧に、裁断から縫製まで手がけています。まるで、子供を育てるように・・・。
どうぞ、安心して、わたしたちに、お任せください。
(ちなみに、私は、住まいとは別にある、お店で、
もう一人のスタッフと、バックを、製作しながら、販売しております)
梅雨に入ると、カビのことが、気がかりになります。やはり、風を通すことですね。
それと、出来れば、二階のある家の方は、二階の部屋においてください。
必ず、ウエア類は、たたまずに、吊り下げてください。バックなどは、時々、風にあて、口を開いて、保管した方がいいかと思います。そして、適度に、使ってください。
そんなところだと思います。
今日は、お休みです。毎週火曜日の夜に、エアロビクスに通ってますが、午前中にも
あることがわかり、今日、行って見ました。
夜と同じ位だろうと、簡単な気持ちで、参加しましたら、これが、かなりきつい!
もう一人の先生は、もっときついと、みんな口をそろえて、言ってます。
午前中に変更しようと思っていましたけど、時間を掛けて、考えて見ます。
(こんな年になって、レベルを上げるなんて、大丈夫でしょうかね?)
でも、いま、シャワーを浴びて、とっても、さわやかです。それでは、。

Pocket

革職人アルティジャーノ

コメントは受け付けていません。


↑トップに戻る