野村孝之、革への想いを語ります。

2018年05月07日 11:36
Pocket

以前のブログでご紹介した革を、改めて野村孝之が想いを語りました。

 

 

 

革の問屋さんで、衝撃的な出会いがありました。

 

20年以上前に、そちらの社長さんが購入した革で、染めのムラがありすぎて商品を作るのは難しく、今まで寝かせたままになっていたそうです。

 

 

それを見て、これはいける!!

裏面に特殊加工をすれば、一枚仕立てで着ることができて、リバーシブルにもなる。

なんか、いいもの作れそう。

これが、私の素直な感想でした。

 

 

フランス、イタリアでは普通に一枚で革シャツを着ているように、日本の方にも着て欲しい。

そんな思いで作ってみました。

 

 

 

染めムラは、革を染色する時に、表面にお化粧をしていない、フルアニリン。

素の表情が目立って見えている個性そのもの。

 

これがむしろおもしろい。二つと同じものがない。

そんな想いを形にして作りました。

 

 

あなたに合わせてお作りいたします。

お問い合わせ、お待ちしております。

Pocket

革職人アルティジャーノ

コメントは受け付けていません。


↑トップに戻る